喜屋武岬

283547[1]

沖縄方言で「きゃん」は突端の意味、沖縄本島最南端の岬から喜屋武岬と呼ばれています。

沖縄戦で、追い詰められた住民や日本兵が身を投げた悲しい歴史が残る場所。岬の先端には平和の塔が建てられ、恒久平和と鎮魂の思い込められてます。

観光概要

名称喜屋武岬
住所〒901-0354 沖縄県糸満市喜屋武
アクセス車:那覇空港から約30分
駐車場:無料
入場料金無料
営業時間自由見学
定休日年中無休
電話
公式サイト

地図

コメント