今帰仁城跡

8707764[1]

今帰仁城は沖縄本島北部に位置する、三山時代の北山国王の居城でした。

北山が1416年に中山の尚巴志によって滅ぼされた後は監守の居城となり、その後1609年薩摩軍による琉球侵攻で落城した。

2000年12月には首里城跡などとともに世界遺産に登録されている。登録されたグスクの中では、最も大きな城です。

観光概要

住  所:
沖縄県国頭郡今帰仁村字今泊5101
アクセス:
車:沖縄自動車道(許田IC)から約40分
入場料金:
大人:400円(320円(団体10人以上))
小中高生:300円(240円(団体10人以上))
小学生未満:無料
営業時間:
今帰仁城跡公園 8:00~18:00
(城跡は季節により開園前、閉園後の開園時間の延長を行います)
定 休 日:
年中無休
(但し、予告なく特別な理由により一部の施設を閉館する事もあります)
電  話:
TEL:0980-56-4400 (今帰仁城跡管理事務所)
公式サイト:
http://nakijinjo.jp/

地図

沖縄県国頭郡今帰仁村字今泊5101
今帰仁村観光スポット
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
沖縄観光style

コメント